iPadの活用がもたらすその可能性とは

ビジネスシーンにおいてiPadは訪問先でのプレゼンなどをはじめとして今や欠かせないものとなっています。少人数でのミーティングなどにおいてiPadで画像や動画を見ながら進めていくという場面も増えています。またiPadにはiPhoneなどと同様、App Storeにおいて数多くのアプリがインストールできるようになっています。これらのアプリは無料・有料ともに様々なジャンルで豊富なアプリの数を誇っており、そのアプリを活用することでiPadの可能性が更に広がっています。

さらに物理的な特性の向上により、その軽さや処理能力の高速化が挙げられます。これにより、持ち運びがとても楽になり、片手である程度持ち続け、反対の法の手で他の作業をするといった使い方もできます。例えば立ったままで数人の前でiPadの画面を見せながら片方の手で操作をするといったプレゼンや説明など、使い勝手が更に向上したことにより、幅広い分野での活用法が見込まれています。

現在教育の現場でもiPadが導入され、海外でのある国は小学生クラス全員にiPadを支給するなど、学校教育にも取り入れられています。これは多くの教育用アプリをはじめとした共通のアプリを使っての授業などが導入され、教育の現場で活かされています。

これはiPadのようなタブレット型コンピューターが更に普及することを物語っています。逆に今までのパソコンの売上は低下傾向にあるという現象も出てきており、タブレット端末とパソコンが相反する動きを見せていることも見逃せないようです。ある経済誌の予測では2015年にはパソコンとタブレット端末との売上台数が逆転することも予想されているとのこと。このように年代を問わずすべての人が取っつきやすいiPadはその性能向上とともに、ますますその支持を増やして行くことでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは All Rights Reserved.