インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは TOPコンテンツ一覧 >直感的な操作がパソコン人口を拡大させたiPadの魔法とは

直感的な操作がパソコン人口を拡大させたiPadの魔法とは

アップル社のiPadの出現で今までパソコンに縁がなかった人たちが広く活用し始めるようになりました。一般的なパソコンではディスプレイ画面とキーボードが組み合わさったものです。その画面を見ながらキーボードを操作して、コンピューターが持っている可能性を引き出していました。しかしながらそのキーボード操作が思いの外厄介なんです。

まずキーボードの配列が日本人向けにされてなく、国際的に統一されたものなので、とても覚えるのに時間が掛かり、使用頻度が高いワープロなどの文字入力が思うようにできなく、途中で諦めてしまう方もいるくらいでした。他の操作はほとんどマウスでできますが、このマウスとキーボードを交互に扱う煩わしさもあり、子供や年配の方などはつい敬遠されていたのです。それがiPadになり、キーボード自体がなく、文字入力が必要な場合はディスプレイの画面上にキーボードを表示させるというアイデアが素晴らしいものでした。

そして一番特筆されるのがマウスの替わりを操作する人の指で簡単にできるというものです。この指による操作は人間が持つ直感的な操作が実現できたことなのです。指で本のページをめくるなど、テレビのリモコンボタンを押して操作をするように指でタッチしながら操作が行えるのです。
これにより、こどもから年配の方まで、特にデジタル機器の操作に不得手な人たちが、iPadだと上手に活用できるようになったのです。iPadがパソコン人口の普及をさらに大きくさせた貢献度は計り知れないものがあるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは All Rights Reserved.