インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは TOP > コンテンツ一覧 > すぐにインターネットが観られるiPadのヒミツとは

すぐにインターネットが観られるiPadのヒミツとは

アップル社が開発したiPadは今までのパソコンにはなかった新しい可能性をもたらしてくれました。モバイル型ノートパソコンに近い画面の大きさを確保しつつ、片手で持ち運びができる重さになるなど、発売当初は全てにおいてそのデザインと本体が驚くべきものでした。iPhoneなどで馴れていたとはいえ、ノートパソコンに近いパフォーマンスを発揮してくれるということが素晴らしく、今までのノートパソコンが必要ないくらい便利なものとなりました。

通常パソコンは電源スイッチをオンにしてから起動するのに数十秒は掛かるものでした。モデルが古くなればなるほど、起動に時間が掛かり、ちょっとしたストレスもあるものでした。それがiPadだと常にスタンバイ状態なので一番下の真ん中にあるホームボタンを押すだけで直ぐに起動しインターネットへ接続して情報が見られるという、私たちがより便利にパソコンを活用したいという思いをそのまま具現化してくれるものでした。

それが何故実現したのかというと、バッテリーの持ちの長さです。通常のノートパソコンだと電源を入れてスタンバイ状態にしておけば、性能にもよりますが数時間しか持たないこともあります。それに対してiPadは1回のフル充電でスタンバイ状態で9時間近く持つので、常に立ち上げる状態にしていても約1日は直ぐに使えるパソコンになるのです。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • W3Cに準拠したクオリティの高いサイト作りを提案している福岡市でホームページ制作を行っている会社を探しているなら、事前コンサルティングにより予算よりも出来るだけ安く出来ないかを一緒に考えてくれるのでオススメの会社です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは All Rights Reserved.