インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは TOP > コンテンツ一覧 > 革新的なiPadが世界中でヒットした要因とは

革新的なiPadが世界中でヒットした要因とは

通常のパソコンなどと違い、その操作性や今までのパソコンの概念を翻した革新性はアップル社を創設したスティーブ・ジョブス氏によるものが大きかったでしょう。それらはiMacという本体とディスプレイが一体化したパソコンやOS(オペレーションシステム)の操作性においても画期的で、人間のもつ直感的な操作を実現してくれるものでした。それがこのiPadにも踏襲されており、“いつでもどこでも気軽に使える”というタブレット型コンピューターを生み出しました。

そのiPadの歴史は浅く、2010年4月にアメリカで発売され、発売初日にもかかわらず30万台も販売。想定外の売れ行きとなりました。この売れ行きにより、世界での発売が延期されるという事態にまでなるという現象を生みました。そして日本をはじめ主要8ヶ国でもiPadを販売開始。世界的なヒットとなったのです。

やはりアップル社の革新的な物づくりはiPadの活用を世界中に拡げていき、多くの人たちが持つようになりました。このiPadが普及したもう一つの要因はその価格です。今までのノートパソコンだと10万円近くするものが多く、パソコンは高いというイメージがありました。それが3万円台で購入できる価格帯だったため、多くの人たちがiPadに殺到したのです。今までにはなかった新しいタイプのタブレット端末はその後他社からも相次いで発売され、競合となっていますが、iPadを持ち活用する、というその魅力は薄れることなく輝き続けています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは All Rights Reserved.