進化を遂げたiPadの魅力とは

2010年に発売されたiPadはその1号機とあっていくつかの課題を抱えていました。一つはその重量です。確かに今までのノートパソコンと比べると画面サイズのみの大きさとある程度の軽さにはなっていたものの、それでも片手で長時間持ち続けるには腕が疲れていました。当初680g(WiFiモデル)あったものが最新型のiPad Airになると469gとなり、31%も軽量化に成功し、ずいぶんと軽くなりました。そして更に軽量で小型化されたiPad miniも発売。通常のiPadと比べて画面サイズでは劣るものの重さでは50%もの軽量となっています。

また画面ディスプレイの解像度においても進化を遂げ、新型iPadのRetinaディスプレイを採用したことにより従来の4倍ともなるグラフィック性能を実現しました。その4倍もの解像度により写真画像の小さな文字でも識別できるような高解像度となりました。またカメラは第1世代は非搭載だったものが第2世代より搭載され、当初は70万画素だったカメラ機能が500万画素と解像度アップ。鮮明な画像が撮れるようになりました。

通信機能においては携帯電話のネットワークが3G回線のみだったのに対し、LTEの高速通信に対応したことにより、より高速なインターネット環境が提供されるようになりました。このようにパワーアップした最新のiPadはその活用法の拡がりにも対応できるデジタル機器となってビジネスにもプライベートにも大活躍しています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) インターネットの世界を切り開いたiPadの活用法とは All Rights Reserved.